チェック

前向に暮らす朝焼け > おすすめ > チェック

チェック

2015年2月17日(火曜日) テーマ:おすすめ

とうとう始める時という局面では、まずは事前対策をおろそかにしてはいけません。

 

取引を行う前であれば、物事を合理的に調査する事が可能です。

 

だけれども、ただ一度マーケットの内部に深入りするとどうやっても見解が主観的になってしまい、重要な時に適切な状況がわからなくなる恐れが生じる。

 

それゆえにあなたのメンタルが論理的なうちに、適切に準備が重要です。

 

"事前準備"とは、物語を書くことからスタートします。

 

相場はこうなるだろうから、豪ドルをエントリーするというふうに、ストーリー展開を考えていきます。

 

次に大事なのは日足チャートをチェックしよう。

 

過去の為替相場の上下を見定めて現時点の相場をチェックします。

 

すると、「今のところひどく低すぎる状況にある」または「もはや大勢の人々が取引しているからこの後自分がエントリーしてももう間に合わないな」などと理解できます。

 

言うまでも無くもはや売買するのが遅すぎるなと思ったら何もしないで、その場面ではすっぱりとあきらめることか重要です。

 

自分の脚本を押し通そうとして、トレードすると、為替相場にやられて逆に損失を被ることになりかねない。

 

とは言ってもかなりの場合事前に準備している自身のシナリオを思い描いていくと取引が遅いなという状況にはならないと考えます。

 

おそらく、明確に為替相場が変動する前のはずだから。

 

続いては、当面は自分自身がエントリーしようとしているポジションの変化を、注意深く点検する事が大事です。

 

もし、円安に向うと推測する物語を書いたのであればその外貨の上げ下げに注目する事が大事です。

 

外国為替相場の変化をチェックし始めたばかりでは該当の外貨は目立って動く様子を見せることはなく上や下にわずかな上げ下げをしているだけでしょう。

 

しかし、その変化をじっと気をつけているとある場面でゆっくりと円安へと為替相場が変化し始めます。

 

この状況でドル買いの新規注文を出すのだ。

 

基本的に、そこまで計画的に準備をやっておけば、そのトレードで勝てる可能性はぐっと大きくなります。

 



関連記事

介護から開放されよう

介護から開放されよう

2019年5月26日(日曜日)

フラッシュモブ代行会社選びの考え方

フラッシュモブ代行会社選びの考え方

2015年2月20日(金曜日)

フラッシュモブを楽しむ

フラッシュモブを楽しむ

2015年2月19日(木曜日)

チェック

チェック

2015年2月17日(火曜日)

じっくりと考えるフラッシュモブ

じっくりと考えるフラッシュモブ

2015年2月16日(月曜日)